ニュースリリース

■ニュースリリース

平成22年07月20日
米沢牛銘柄推進協議会通常総会開催

 第19回通常総会が7月15日JA山形おきたま米沢支店で開催されました。当協議会長である安部三十郎米沢市長の挨拶のあと、議事審議に入り21年度事業承認、22年度事業計画、米沢牛定義の改定等の議案が満場一致で決定されました。
 米沢牛定義の改定については、現在米沢牛として認定される生後月齢は30ヶ月令以上ですが、飼育期間を2ヵ月延ばし生後月齢32ヶ月令以上と更に厳しくすることにより、おいしい米沢牛を提供するための改定です。